読書録

読んだ本の記録として

IoTがつくる未来

「IoT」という言葉を初めて聞いたのは2年前でしょうか。
あらゆるモノ(Things)インターネット(Internet)でつながる未来がくる。
それにより、例えば、外出中にスマホを使って家の電気を消すようなことができる、と教えてくれたのは、勤務先の取締役でした。
その時は、何だか便利な世の中が来るんだろうけど、まだまだ先のことだろう。
なんて思っていたら、最近になって「IoT」という言葉をよく耳にするようになりました。
 
そういや「IoT」って、具体的に自分たちの生活をどのように変化させていくのだろうか。
企業にとって、これからのビジネスにどのように影響していくのだろうか。
ということが気になり、こちらの本を読んでみました。 
IoTまるわかり (日経文庫)

IoTまるわかり (日経文庫)

 

 

モノがインターネットにつながるとは?

そもそも「モノ(Things)」とは何を指すのでしょうか。
本書では、デジタル機器だけでなく、アナログな物も含まれているということ。
例えば、テレビ、車、冷蔵庫、時計、眼鏡、洋服、照明、、、といった形あるものを指すようです。
 
そして、これらの「モノ」がインターネットにつながるとどうなるでしょうか。
モノがつながると、モノ同士でやりとりを行います。
このやりとりにより、あらゆる情報がインターネットを通じ、蓄積されます。
そして、これらの情報を分析することで、モノが自律的に何らかの動きを行うことが可能になり、これまでになかった新しい価値を生み出すことでできるようになると言います。
 
 

IoTの実例

本書ではいくつか「IoT」の実例が記載されていますので、ご紹介したいと思います。
 

①起床シーン

ここでのモノは「ベッド」。
ベッドは脳波を検知し、浅い眠りと深い眠りのサイクルが適切になるよう、ベッドの凹凸が自動的に微調整される。
そこに、室温や個人の睡眠状態、嗜好などを判断し、快適に起床がしやすい照明や音楽が流れる。
以前は、奥さんにたたき起こされることもあったという50代の男性だが、最近は自分で起きることができるようになった。
 

②トイレシーン

ここでのモノは「トイレ」。
便器に座ると体脂肪や体重、尿からPH、尿酸値を分析してくれる。
計測されたデータは健康センターに送られる。
毎日健康診断をするようなことが可能になり、病気の予防ができる。
 
上記のように、あらゆるモノがインターネットにつながることで得られるメリットは、あらゆるデータが容易に収集できるようになること。
そして、それらのデータを活用し、人の暮らしを快適にしたり、今まで気付かなかった欲求やビジネスチャンスを生み出すことが可能になります。
 
 

IoTがつくる未来

これからの企業は、IoTを活用し、顧客からあらゆるデータを収集し、新たなサービスやプロダクトづくりに役立てることになるでしょう。
普段、身の回りにあるモノ、例えばコップがインターネットにつながれば、利用者の意外な使い方が明らかになり、今までになかった形が生まれたり、ゴミ箱がインターネットにつながれば、捨てられたモノの情報から、何か新しいサービスが生まれるかもしれません。
モノがインターネットにつながることは、今まで周りにあったモノの形を大きく変えていくかもしれません。
そんなことを考えながら、IoTがつくる未来を心待ちしたいと思います。

仕事は人生の3割

どうもmodsです。

僕が働いているIT業界では、残業が日常茶飯事です。

仕事が趣味だと思えるぐらいじゃないと務まらない、ハードワークが当たり前…
そんな風に思っていました。
 
しかし、そんな働き方で、残り約40年も働くなんて考えられない。
働くって大変なことだ、辛く苦しいことだ、なんて思っていた時に、こちらの本に出会いました。 
筆者は、ライフネット生命の会長兼CEO。
55歳の時に当時勤めていた日本生命で子会社への出向を言い渡され、後に退職。
その後59歳で、ライフネット生命を起業されました。
 
本書では、筆者が考える、20代、30代、40代、50代、それぞれの働き方が記されています。
今回は本書から、年齢に関係なく、働き方の基本となる考え方について、ご紹介します。
 
 

仕事は人生の3割

「仕事は人生のすべてである」
学生時代、そんな風に思っていました。
だからこそ、少しでも好きなことを自分の仕事にしようと。
しかし、実際に働いてみると、いくら好きな仕事でも、そんな風にずっと働くのは難しいなと。
 
ある統計によると、日本人の年間の労働時間は、サービス残業を含めると、約2,000時間なんだそうです。
一方、1年間を時間にすると、8,760時間で、その中で労働時間23%程度
つまり、多く見積もっても、日本人の仕事が占める割合3割なんだそうです。
そう考えると、仕事が人生に占める割合って大したことがありませんね。
 
筆者は言います。
 
仕事とは、3割の時間を使ってお金を稼ぎ、そのお金で食べて、寝て、遊んで、子育てをすることである
 
「衣食足りて礼節を知る」という言葉があります。
人間は、衣服を身につけ、ご飯を食べ、確保したねぐらで眠り、遊んで、子どもを育てるという七割の人生が大切なので、それらが満たされなければ、礼儀や節度など絵に描いた餅に過ぎないということです。
つまり、何事をするにも、まずは稼がなければならないということ。
 
しかし、人間にとって仕事は必要条件ですが、その位置づけは時間の使い方からしていも3割程度でいいと筆者は言います。
 
7割の時間が人間にとっては本質的に大事なことなので、7割の時間を過ごすパートナーを見つけ、友達を見つけることが、人間の生活を健全にし、健全な次の世代を育てることにつながるのです。
 
仕事も生活も、どちらも大事なことに変わりはありません。
しかし、「デートと残業とどちらが大事なんだ」と言われて、「残業!」と答える人はいないでしょう。
人生にとって大切なのは、友人やパートナーと過ごす7割の時間だと筆者は言います。
 
***
 
この本を読んで、仕事に対する考え方が少し変わりました。
仕事は人生のすべてではない一番大切なのは仕事以外のところにあるなと。
友人や恋人と過ごす時間こそが自分を豊かに、そして幸せな気分にしてくれるのだと。
本書では、各年代における働き方について記されており、ビジネスマンなら読まれて損はないと思います。
ぜひ手にとって読まれてみてはいかがでしょうか。

「マーケット感覚」これからの社会で必要なスキル

どうもmodsです。
前回に引き続き、ちきりんさんの本を読んでみました。


人生を2回生きる働き方 - 40代からの本気のワークライフバランス - 読書録

 
今回ご紹介するのは、新刊「マーケット感覚を身につけよう」です。

 

「マーケット感覚」とは?

「マーケット感覚」とはどのようなものでしょうか?
ちきりんさんによると、「売れるものに気がつく能力」であり「価値を認識する能力」とのこと。
例えば、一見何の価値もない器も、マーケット感覚があれば「大きな価値があり、世の中で求められている=売れるモノ」と判断できると言うのです。
マーケット感覚の重要性は、今後ますます高まるようです。
それはなぜでしょうか?
 
 

ネットで市場化した社会

インターネットの普及により、世界はつながり、海外の企業が日本の市場に参入する機会が増えました。
そのことで、日本の企業は海外の企業とも戦わなければならなくなり、結果として市場の競争が熾烈化。
「日本の社会はどんどん市場化していく。それを避けることは、もはや不可能だ」と、ちきりんさんは言います。
 
 

これから売れるのは供給が少ない商品

キャビア」や「トリュフ」がなぜ高価なのか、ご存知でしょうか?
それは、供給よりも需要(欲しいと思う人)が圧倒的に多いからです。
逆に、需要よりも供給が多ければ、価格は下がります。
例えば、あるメーカーが、いくら良い性能を持ったパソコンを作ったとしても、他のメーカーも同様のモノを作れば、供給が増えることで、売れなくなってしまうのです。
 
ちきりんさんによると、「マーケット感覚のある人は、どんな良い商品を作っても、供給者が多すぎると儲からないと理解している」と言います。
例えば、ダイソンの掃除機が爆発的に売れたのは、ダイソン社しかサイクロン方式の掃除機を販売していなかったから。
また、「市場化が進む社会で高く売れるのは、よい商品ではなく、需要に比べて供給が少ない商品」だと言います。
 
このことは、供給の少ない商品をいかに生み出すかが重要だと言えます。
そのためには、他者(他社)がまだ気づいていない価値に気付くこと
つまり、マーケット感覚が重要だということです。
 
 

マーケット感覚があれば成功できる

僕が働いているIT業界は変化が早く、その時々で必要な技術も変わってきます。
この業界では、「需要が爆発する新分野での技術を持つ人(たとえレベルが高くなくても)の方が市場では引っ張りだこになる」と、ちきりんさんは言います。
例えば、スマホゲームで成功した人は、「10年前からスキルを磨いてきた人」ではなく「他社より早くスマホゲームに取り組んだ人」
マーケット感覚があれば、市場の動向をいち早く見極め、必要とされる技術やモノに取り組むことができると言えます。
 
***
 
本書では、マーケット感覚を身につけることによって得られるメリット身につけ方について、たくさんの具体例を用いて書かれており、とても分かりやすい内容になっています。
これから、マーケット感覚の有無によって、仕事や人生に大きな差が出るかもしれません。
マーケット感覚は、現代に生きる人にとって必要なモノとなってくると思います。
ぜひ手にとって、読まれてみてはいかがでしょうか。

 

人生を2回生きる働き方 - 40代からの本気のワークライフバランス

どうもmodsです。
僕は普段IT業界で働いているため、転職するのは珍しいことではありません。
変化が激しい業界なだけに、今後自分がどのような働き方をしていくべきか常に考えています。
そのヒントを見つけるべく、こちらの本を読んでみました。
未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

 

 

社会派ブロガーとして、ネットで有名な『ちきりん』さんの著書。
論理的で斬新な考え方を、明快な文章でまとめられています。
今回は本書から、「40代で働き方を選びなおす」という考え方をご紹介します。
 
 

職業人生は2回ある

従来の働き方は、20代で就職後、定年を迎えるまでの約40年間働き続ける、というものでした。
しかし、ちきりんさんが提唱するのは、職業生活を2つに分け、前半と後半で異なる働き方をするというものです。
具体的には、以下の2つに分けます。
[前期]20代〜40代後半
[後期]40代後半〜
 
この働き方には、様々なメリットがあると言います。
例えば、前期の就職で失敗したとしても、もう一度トライするチャンスがあります。
または、前期でいろいろ試して、後期で学びを活かしてより良い選択をする
そうすれば、安全な道ばかり選択するのではなく、もっと自由に職業を選択できると言うのです。
 
 

後期はオリジナルの働き方ができる

初めて就職する時、自分が本当にやりたいことを分かっている人は稀ではないでしょうか。
自分のしたいことが分からず、結果として、周りが良いと言っている会社や職業を志望する。
初めての就職では、多くの人が定番コースを歩いてしまうのです。
このことを、ちきりんさんは「パッケージ旅行」に例えています。
 
「パッケージ旅行」とは、自分で調べなくても、道に迷うことなく、観るべきものが観れる旅行です。
何もかも分からない初めての旅行には、うってつけです。
逆に、2回目の旅行であれば、その土地のことがある程度分かっています。
それならば、自分の好きなように自由に時間を過ごせる旅行の方が良いと言えます。
 
働き方も、旅行と同じだと、ちきりんさんは言います。
前期の働き方で、就職活動、社会人として働く、結婚する、家を買う、といった定番イベントを経験。
そして、後期の働き方では、自分のやりたいことや適性がある程度明確に
社会の仕組みや、働くということも分かっています。
世間の目も以前より気にならなくなり、本当に自分のやりたいことを選択できる。
だから、後期では、オリジナルの働き方ができると言うのです。
 
 

本気のワークライフバランスの実現

さらに、この働き方によって、本気のワークライフバランスを実現できると言います。
本気のワークライフバランスとは、水曜日がノー残業デーとか、育児休暇が取れるとか、そういうことではありません。
では、どのようなものか。
 
・人生のどの期間に、
・仕事と家庭と個人の趣味のどれに、
・どの程度ずつ時間を割り当てるのか
ということを、本人が決められることであり、自分自身でワークとライフのバランスを、一定の自由度をもって設計できることを言うのです。

 

例えば、今までバリバリ働いていた人が、家族との時間を優先した働き方に変えることがあれば、故郷に帰って畑仕事をするという働き方。
または、週2、3日半年だけ働くプチ引退という働き方も提唱されています。
 
***
 
こういう考え方を取り入れ、実践する人が増えれば、今よりもっと幸せな人が増えるのではないでしょうか。
後期の働き方に向けて、前期でそれに向けて準備をする。
何か目標があれば、普段の仕事にもハリが出ます。
 
そもそも、60代で定年を迎えるまでバリバリ働くのは、大変なことです。
定年まで頑張って、老後はゆっくり過ごそうと思っても、その頃まで自由に身体が動くとは限りません。
それならば、まだ身体の自由がきく、40代で自分の本当に好きなことをやる方が良いのではないでしょうか。
お金の問題はありますが、その点に関しても、本書で補足をまとめられています。
20代の自分にとって、この先まだまだ長い職業人生ですが、仕事や将来に対してワクワク感を感じられた1冊でした。
未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

 

 

面白くて眠れなくなる?言葉の役割とは?

どうもmodsです。
言葉、憲法、貨幣、宗教、結婚・・・
「なぜ社会はこんなふうに成立しているのか?」
帯に書かれているこの言葉を読んで、「うん、確かに、何で?」と思いました。
それを中学生でも分かる平易な言葉で説明されているのがこちらの本。 
面白くて眠れなくなる社会学

面白くて眠れなくなる社会学

 

 

社会学とは?

言葉、憲法、貨幣、宗教、結婚・・・
上記で挙げたものは社会学のテーマとなるものです。
では、社会学とは何でしょうか?
 
社会学とは、私たちをとりまく社会と人との関係、社会での人と人との関係、社会で起こっている事象、社会の構造などについて、さまざまな角度からアプローチし、考える学問です。

社会学 | 社会科学 | 学問ナビ | 日本の大学

 

例えば、宗教は、日本ではそれほど重要視されていませんが、海外ではなくてはならないものです。
では、宗教の役割とは何か?
宗教の種類と違いは?
こういったことを取り上げて考えるのが社会学です。
 
世の中にある、分かっているようで、分かっていないことを理解しようとする学問。
あるいは、世の中で当たり前と思われていることを、本当にそうなのか確かめる学問です。
 
今回は、本書から、言葉の役割についてご説明します。
 
 

「犬」と「イヌ」の関係

例えば、「犬」には「イヌ」という名前があります。
それによって、モノである「犬」と、その名前である「イヌ」は一体であるような気がします。
でも実は、そうではないと著者は言います。
 
名前は言うならば、デジタルな性質を持っているが、モノはアナログな性質を持っている。
これはどういうことかと言うと、現実の世界では、白は段々、灰色となり、黒となる。現実の世界は連続的なんです。
しかし、言葉は、白は「シロ」、黒は「クロ」と言うしかありません。
中間は、「ハイイロ」という新しい言葉で定義します。
つまり、言葉は断片的なのですね。
これを著者は、名前はアナログ的モノはアナログ的と表現するわけです。
 
 

言葉で区切られた世界

現実の世界には、たくさんの色があります。
赤、青、黄、緑、紫、その他もっとたくさんの色が。
しかし、人間は自分で名前をつけた色で、この世界を自分たちの都合の良いように見ていると著者は言います。
このことを著者は、犬を例に説明しています。
 
われわれは、犬と猫が違うと思う。
犬と狼が違うと思う。
そして、すべての犬は犬だと思う。
けれども、みたところ、狼とシベリア犬、シベリア犬とチワワでは、狼とシベリア犬のほうが似ていませんか?

 

このことは、現実の世界とは無関係に「イヌ」と「イヌでないもの」の間に線引きをしています。
こうすることで、犬であるか、犬でないかが判断できるのです。
確かに言葉の意味が曖昧であれば、人に自分の考えていることを共有することはできません。
言葉は、現実の世界を区切る役割を果たしているのですね。
 
***
 
今回ご紹介したのは、本書のほんの一例です。
なぜ社会はこんなふうに成立しているのか?
当たり前のことを、改めて考えさせてくれるとても興味深い本です。
読んだ後では、世界が違って見えるかもしれません。
教養としても面白いこちらの本、一度読まれてみてはいかがでしょうか。
面白くて眠れなくなる社会学

面白くて眠れなくなる社会学

 

 

沈黙のWebマーケティングで学ぶウケるコンテンツのつくり方

どうもmodsです。
皆さんは「沈黙のWebマーケティング」というWebコンテンツをご存知でしょうか? 


沈黙のWebマーケティング ―Webマーケッターボーンの逆襲―

 
漫画風のストーリーのため読みやすく、Webマーケティングの勉強にもなるという素晴らしいコンテンツです。
今回こちらのコンテンツが書籍化したということで早速読んでみました。

Webマーケティングの基本を学べる

本書は、Webマーケティングの入門にうってつけの本です。
漫画風のストーリーのため読みやすく、おそらく本が苦手な人でも最後まで読み進めることができるでしょう。
内容としては、SEO検索エンジン最適化)ソーシャルメディアWebライティング心理学コンテンツ制作など、Webマーケティングに関することをひと通り網羅。
実用入門書という見出しのとおり、初心者にも分かりやすく解説されています。
今回はその中から、ウケるコンテンツのつくり方3つご紹介します。
 
 

論理的なコンテンツの上に、感情的な演出を加えよう

論理的なデザインだけでは、頭打ちをする場合があります。
なぜなら、世界は「論理」と「感情」のバランスで動いているからです。
 
本書が言うには、Webデザインにおいて一番大事なことは、論理的に考えることだそうです。
・サイトからの売上げを伸ばすには、どのようなデザインが良いか?
・会社の知名度を上げるために、必要な要素は何か?
このように、デザイナーは、何のためにデザインをするのか常に考える必要があるということです。
 
しかし、論理的に訴えられただけでは、「なんか嫌だ」「なんかダサい」といった感情は止められないと述べられています。
それではどのようにすればいいか?
 
たとえばコンテンツ内の文章やイラスト・写真の見せ方などにワクワク感をプラスできないか考えてみるとよいでしょう。
 
本書はまさしく漫画風の見せ方によって、そのワクワク感を演出していると言えます。
いくら為になる内容でも、読みたい!って思う見栄えでなければ、読む気にならないですよね。
 
 

人は論理で納得し、感情で動く

本書によると、人間は論理で納得し、感情で動く生き物だそうです。
言われてみると、そうですよね。
いくら正しいことを言われたとしても、それが心に響かなければ、その通りにする気にはなれません。
本書では、文章を書く際、どのように書けば相手の心に響くのかを考える必要があると述べています。
ではどのようにすれば相手の心に響くか?
 
そこでオススメしたいのが、文章に「ストーリー」を加えることです。
人はストーリーを好みます。
小説や漫画も映画も、すべてストーリーからできています。
ストーリーを加えれば、どんな売り込み文章も、セールスの要素が薄まり、読んでもらえるようになります。 
 
ストーリーは、書き手の感情を込めることができ、それにより読み手の感情を動かしやすくなるということ。
また、ストーリーには、思い出や出来事に関する記憶である「エピソード記憶」につながり、長期的に記憶に残りやすいメリットもあるとのことです。
そして、そのおかげで、クチコミもされやすくなるようです。
ストーリーは、人の感情に訴えかけ、記憶に残し、クチコミを促す。
人を動かすための効果的な手段と言えますね。
 
 

誰かを不幸にするコンテンツであってはいけない

本書は、おもしろいコンテンツを作るときは、誰かを不幸にすることなく、皆が笑顔になれるコンテンツをつくるべきだと言います。
しかし、そのようなコンテンツを作るには、それなりのセンスが必要です。
ではどうすればいいか?
 
ノウハウを取り上げたコンテンツなどは良いでしょう。
「なるほど、そうだったのか!」と人々の関心を集め、「勉強になった!」という満足感を感じてもらえれば、人は喜んでシェアするのです。
 
例えば、LIGのブログは、体を張った「おもしろ系」の記事もありますが、最先端の技術を紹介した記事を日々更新しており、とても勉強になります。
周りのユーザーに知ってほしくて、ついついシェアしてしまいます。


株式会社LIG | 台東区上野にあるウェブ制作会社

 
***
 
本書はまさしく「ワクワク感」「ストーリー」「ノウハウ」の詰まった1冊と言えるでしょう。
この1冊を読むだけで、コンテンツ制作クチコミ拡散サイト運用といった一連の流れを理解できました。
500ページ弱ありますが、サクサクっと気軽に読めてしまいます。
ブログを書く際のヒントになることも書かれているので、ぜひ読まれてみてはいかがでしょうか。

キャッチコピー力を上げる3つのメソッド

どうもmodsです。
前回の記事で、何を伝えるか=「What to say」についてお伝えしました。
今回は、どう伝えるか=「How to say」についてお伝えしようと思います。
前回に引き続き、こちらの本からのご紹介です。 
読むだけであなたの仕事が変わる 「強い文章力」養成講座

読むだけであなたの仕事が変わる 「強い文章力」養成講座

 

 

人が読みたい文章とは?

人が読みたいと思う文章とは、どのようなものでしょうか?
面白い文章?
感動的な文章?
それとも、新鮮な情報が書かれた文章でしょうか?
 
答えは、自分に関係のある文章です。
わたしたちは毎日、テレビやネット、本・雑誌などから、たくさんの情報を得ています。
ネットが発達した現代では、その情報量が膨大なものとなり、脳がすべての情報を処理することはできません。
そのため、自分にとって関係のない文章はスルーされてしまうのです。
ではどうすれば、自分に関係ある文章だと思ってもらえるのでしょうか?
 
 

読まれる文章を書くために必要なものとは?

自分に関係ある文章だと思ってもらうには、キャッチコピーで相手の心をつかむこと
これが何より重要です。
キャッチコピーとは、商品の広告などに用いられる見出しとなるフレーズのこと。
つまり、文章の顔です。
顔を見て、興味を持たれなければ、中身の文章を見ようとは思いません。
 
人間だってそうですよね。まずは顔から判断します。
顔が良ければ、その人をもっと知りたいと思います。
文章も同じというわけです。
読まれるに文章を書くには、キャッチコピー力が大切なのです。
 
それでは本書から学んだ、キャッチコピー力を上げる3つのメソッドをご紹介します。
 
 

①具体的に書く

抽象的な表現を避けるだけでも、言葉は格段に強くなります。
 

<例>

・迅速な
 ⇒当日中に必ずお返事
・豊富なバリエーション
 ⇒32種類ものバリエーション
・丁寧な
 ⇒すべての行程を手作業で仕上げた
 
具体的な日付数字場面がイメージできるような表現を使うことで、強いキャッチコピーになるというわけですね。
 
 

②異質な言葉を組み合わせる

普段出会うことのない異質な言葉を組み合わせることで、化学反応が起き、印象的な言葉にすることができます。
 

<例>

・「おいしい」+「生活」=おいしい生活
・「草食」+「男子」=草食男子
・「こども」+「店長」=こども店長
 
どれも平凡な言葉ですが、普段出会わないギャップによって、印象的な強い言葉になっていることが分かりますね。
 
 

③短く言い切る

短くして言い切ることで強い言葉になります。
 

<例>

・ダイエットの肝はおしりにあった
 ⇒女って、おしり
・とりえや才能がなかったり、やりたい事がみつかってないからこそ東大へ入っておくべきだ
 ⇒バカとブスこそ、東大へ行け!
 
長々と書かれた文章よりも、ピシっと短く言い切った言葉の方が強烈ですし、読む気になりますね。
 
***
 
ブログでも、たくさんの方に見てもらうにはタイトルが大事です。
そのためには、本書で学んだキャッチコピー力を上げる3つのメソッドを実践しようと思います。
興味を持たれた方は、ぜひ手にとって読んでみてはいかがでしょうか。
読むだけであなたの仕事が変わる 「強い文章力」養成講座

読むだけであなたの仕事が変わる 「強い文章力」養成講座